仙台エリアのルンルンの種をたねるメディア

blog

【レンジで時短】とろり濃厚!体温まる南瓜と茄子のポタージュ

バター不使用。隠し味でコクのある味わいに

こんにちは。野菜料理研究家の佐々木麻衣です。
すっかりと肌寒い季節になりましたね。
先日から洋服を少しづつ入れ替えていますが、夏物と違って冬物は厚みがありタンスやクローゼットがパンパン。
年末の大掃除に向けて整理しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
冷蔵庫収納の資格は保持しているものの、家中の収納には頭を悩ませる日々です 笑

今日は秋・冬が旬の南瓜を使った体が温まるポタージュをご紹介します。
疲労回復や免疫強化にも良く、バター不使用ですが隠し味にお味噌を使ってコクを出しています。
レンジ加熱で時短しながらも簡単に美味しく作れますので是非お試しください。

自宅にあるもので簡単に♪
作り方はこちらです。

南瓜と茄子の濃厚ポタージュ

保存期間
冷蔵保存:保存容器に入れ冷蔵で2日
冷凍保存:保存袋に入れて空気を抜き密閉。冷凍保存で1か月。

材料 3~4人
・南瓜 1/8個
・茄子 2本
・水 1カップ
・牛乳 1と1/2カップ
・コンソメ 小さじ2
・味噌 小さじ2

作り方
①南瓜は4等分に切り、小分けにラップに包んで電子レンジ600Wで2分加熱。
小さく切ることで熱の通りを早めます。

茄子はヘタを取り除き、1個づつラップに包み電子レンジ600Wで3分加熱。

過剰除去にならないよう、なるべくヘタのみ除去しましょう。

②ミキサーに南瓜・水を入れて撹拌します。少し回転しにくい場合は少量ずつ水を追加してください。

③茄子を割いて加えて更に撹拌します。この時も回転しにくい場合は、一旦容器を外し茄子と南瓜をスプーンなどで少し混ぜ少量水を加えミキサーにかけると撹拌しやすいです。

密度の濃いポタージュのベースができました。

④鍋に撹拌したベース・牛乳・コンソメを入れ、混ぜながら沸騰しないように弱火~中火で温めます。

*この時にミキサーから取り出した後、取りきれないベースは牛乳を入れてミキサーにかけると無駄なくきれい使い切れます。

⑤最後に味噌を入れ、コクと風味を加えて完成です。この時に味噌が溶けにくい場合は少量の水に溶かした後に加えることで混ざりやすくなります。

冷凍保存

食べきれない分は冷凍保存。なるべく平らに冷凍するのがポイントです。
使用する時は、使いたい分を割って耐熱カップで温めたらすぐに食べられます。
濃度が濃いので冷凍しやすく、加熱後も出来立てのように美味しくいただけます。

今回使用した野菜の保存法

茄子
〈冷蔵保存〉 10日
ヘタを切り落とし、1本ずつラップにくるみ保存袋に入れて冷蔵保存。
*ヘタは腐敗しやすくカビも発生しやすいので早めに取り除きましょう。

〈冷凍保存〉 1か月
ヘタを切り落とし、輪切りなど使いやすいように切る。保存袋に入れて冷凍保存。
凍ったまま、煮物・炒め物などの加熱調理に利用します。

南瓜
〈冷蔵保存〉 7日
ワタ・種を取り除き、キッチンペーパーをかぶせ保存袋に入れて冷蔵保存。

〈冷凍保存〉 1か月

調理しやすいように小分けに切り、保存袋の入れて冷凍保存。
凍ったままスープや炒め物に調理します。

https://tanelun.jp/wp-content/uploads/2022/06/mai_prf-300x300.webp
麻衣

とろりと濃厚なポタージュです。冷凍保存する場合は分量通りの方が濃密で保存しやすいですが、分量はあくまで目安ですので牛乳や水を足してお好みの濃さで召し上がりください♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
佐々木麻衣

野菜料理家。野菜保存アドバイザー・冷蔵庫収納スペシャリスト。リピート率90%の親子畑収穫体験「ayfarm」運営。料理教室開催やレシピ考案、お金の貯まる保存・活用術を伝えている。

  1. 【旬野菜】冷やして美味しい♪簡単オクラレシピ2選

  2. サックサク!パイ生地1枚から作れる簡単おやつ2選

  3. 【15分調理】自宅で簡単♪自分だけのこだわりフルーツ大福レシピ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP