仙台エリアのルンルンの種をたねるメディア

blog

美肌効果◎食物繊維豊富なさつまいものチーズケーキ

冬の季節到来

野菜料理研究家の麻衣です。
12月に入り寒さが厳しくなってきました。
私は寒さが大の苦手で、外出の際は必ずホッカイロを持参するほど。

スーパーでは温かい焼き芋が並ぶ様子が見られるようになり、冬の訪れを感じています。
今回は整腸作用や美肌効果のある「さつまいも」を使ったレシピです。
使い切らずに余りがちだったり、定番レシピに飽きていたり。そんな時はスウィーツにしてみてはいかがでしょうか。
一度に食べきれない場合の保存法もご紹介していますので是非ご覧ください。

作り方はこちら♪

さつまいものチーズケーキ

保存期間
冷蔵保存 3日
冷凍保存 1か月 小分けに切り分けひとつづつラップに包み、保存袋に入れて冷凍保存。食べる時は温めるか自然解凍で。

材料 15センチ型1台
・さつまいも 200g
・クリームチーズ 200g
・生クリーム 200㏄
・卵 2個
・砂糖 60g
・薄力粉 大さじ1
《ボトム》
・ビスケット 60g
・バターまたはマーガリン 25g

準備
型にクッキングシートを敷く。
オーブンを170度に余熱。
クリームチーズを常温に戻しておく。

作り方
①ビスケットを袋に入れ砕きます。溶かしたバターを加え全体になじむように混ぜ合わせ、型の底に敷き詰めます。
*砕いたビスケットは多少大きさが異なっても良いです。

②さつま芋を皮ごと小分けに切り数分水につける。水を切り耐熱ボウルに入れてラップをし、600Wの電子レンジで3~4分加熱する。フォークなどで小さく潰す。

③ボウルにクリームチーズ・砂糖を入れ混ぜる。卵・生クリーム・薄力粉も加えてなめらかになるまでよく混ぜる。

④さつまいもを加えて混ぜ合わせ、型に流し込み170度のオーブンで40~50分程焼く。
*焼き色を付けたくない場合は、アルミをかけて焼いてください。

さつまいもチーズケーキの冷凍保存

冷凍保存可能です。食べきれないときは小分けにカットして冷凍保存しておけば、食べたい時に温めればすぐ食べられます。

〈冷凍保存〉 1か月
小分けに切り分け、ひとつづつラップに包みます。保存袋に入れて冷凍保存。食べる時は温めるか自然解凍で召し上がってください。

今回使用した食材の保存法

さつまいも
〈常温保存〉 3~4か月
新聞紙に包み風通しの良い日陰の涼しい場所で保管。
適した保管場所がない場合や夏など気温が高い季節は、新聞紙に包みポリ袋に入れて野菜室で保存します。
冷えすぎると甘みが減るので冷やしすぎないようにします。

〈冷凍保存〉 3~4週間
調理しやすいようにカットし水に数分つけます。水気を切り保存袋に入れて冷凍保存。
食べるときは、スープ・炒め物に使用します。お米と一緒に炊いても良いです。

https://tanelun.jp/wp-content/uploads/2022/06/mai_prf-300x300.webp
麻衣

材料をミキサーやブレンダーで撹拌するとよりなめらかに仕上がります。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
佐々木麻衣

野菜料理家。野菜保存アドバイザー・冷蔵庫収納スペシャリスト。リピート率90%の親子畑収穫体験「ayfarm」運営。料理教室開催やレシピ考案、お金の貯まる保存・活用術を伝えている。

  1. 【旬野菜】冷やして美味しい♪簡単オクラレシピ2選

  2. サックサク!パイ生地1枚から作れる簡単おやつ2選

  3. 【15分調理】自宅で簡単♪自分だけのこだわりフルーツ大福レシピ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP